VOICE #05

 現会員の方々にご協力頂き、それぞれの思いや本音を綴って頂きました。
今回は伊世藤会の本部稽古場でお稽古に励む、藤間之菜緒さんです。

藤間之菜緒さん(師範名取) @本部稽古場
藤間之菜緒さん

 私は来年には日本舞踊を始めて30年がたとうとしています。その間小中高大を卒業し、現在、製造会社に在職しながら二児の母になりました。途中、休憩していた期間も少しありますが、それでも毎週のお稽古を続けてこれたのは、ひとえに、先生方の優しさと、辛抱強く私と向き合いお稽古に付き合っていただけたおかげと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。

藤間之菜緒さんとお子様

 習い事はなんでも自分を成長させてくれるものですが、日本舞踊は自分の年ごとに、醸し出せる内容が違うので、とても長い間楽しめる習い事であると思います。これからもっと沢山の芸を身に着け、さらに楽しく踊っていけるように精進していきたいと思います。また、子供もそろそろ4歳になりますので、芸の世界に携わらせてみようと企む今日この頃です。

会主よりひと言

 6歳の6月6日からお稽古を始められた之菜緒さん。汐汲・蝶の道行・鷺娘・吉野山・連獅子をはじめ、三番叟・楠公 等々、多くの舞台を経験していらっしゃいます。小さい頃から応援して下さったご家族の皆様、そして今は理解あるご主人様に沢山感謝をして下さいね。いつか、あやみちゃんと一緒に舞台に立てたら良いですね~。